ラグビー

リーチマイケルの嫁や出身地は?子供が可愛くてカフェの評判もいい?

ラグビーワールドカップ2019。日本の活躍が期待されている中、ここまで日本代表をまとめ、牽引してきたのがリーチマイケル選手(主将)です。日本人以上に日本人らしいそんな彼の真の姿を追ってみましたよー。

リーチマイケル選手の嫁が美人すぎる?

リーチマイケル選手は2012年にご結婚されています。

大学3年生の2009年にリーチマイケル選手から声をかけたのが、今の奥さんの知美(さとみ)さんです。

画像はこちらです

同じ東海大学に通い、体育学部の授業で一緒になったバトミントンで「バトミントンの授業ってレポートあるっけ?」と尋ねられ「え!日本語しゃべれるんだ」と思ったのが出会いだそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

OSSO ITALYさん(@osso_italy)がシェアした投稿

もともとはリーチマイケル選手の一目惚れだったそうですよ。シャイな彼がやっとの思いでかけたひと言が「レポート・・・あるっけ?」だったそう。

その後お付き合いが始まり、大学卒業後の2011年1月21日(知美さんの23歳の誕生日)にリーチマイケル選手からプロポーズし、翌2012年2月にゴールイン!されました。

知美さんはが身長170cmほどあり、高校時代はバレーボール、大学でもライフセイビング部に所属しスポーツマネジメントを学んでいたとスポーツ美女。

長身の美男美女のカップルでいいバランスですよね。

 

Sponsored Links




プロフィールと来日した理由

名前:リーチ・マイケル

生年月日:1988年10月7日生れ(31歳)

出身地:ニュージーランド、クライストチャーチ

身長:189cm

体重:105kg

血液型:A型

ポジション:フランカー(No,8)

所属:東芝ブレイブルーパス

スーパーラグビー:チーフス サンウルブス

ニュージーランド人の父親とフィジー出身のお母さんがご両親。

ラグビーはお母さんが好きだったとのこと。

ニュージーランドは代表がオールブラックスと言われる世界屈指のラグビー強豪国ですからファンが多いのも当然ですね。

そこでリーチマイケル選手は5歳のころからラグビーを始め、15歳の時セント・ビーズ・カレッジから留学生として来日しています。

留学の経緯はこちらへ

留学先は札幌にある私立札幌山の手高等学校です。

ラグビーはもとよりバスケットボールも強い学校ですね。

リーチマイケル選手の高校時代は

「ラグビーの強いニュージーランドからきた凄い選手」ではなく

「ニュージーランドから来たラグビーやってたひょろっとした青年」

だったようで、当時の監督さんの話によれば、試合になると相手チームから「あの外国人、大したことないぞ」という声も聞こえていたそうです。

その頃、彼がその言葉の意味を理解していたかどうかは分かりませんが、少なくとも軽視されていることへの反骨心はあったといいます。

ニュージーランドではそれなりの選手だったわけですから、異国の地でがんばろうという気にさせてくれるには十分な理由ですかね??

その後は東海大学、東芝とラグビーを続け

「僕は日本でラグビーを教わり、日本でうまくなった。以来15年、その節目の年に日本でのワールドカップに出ることができるのは特別なこと。」

と、現在は日本代表の主将を務めるまでになっています。

 

Sponsored Links




リーチマイケル選手の子供も可愛い!

2012年にご結婚されたリーチマイケル夫妻、翌2013年には可愛い女の子を授かっています。

今年で6歳、幼稚園で言えば年長さんですかね。

マイケルパパにはすごくなついているようで、

仕事でパパの近くにママ以外の女性が近づくだけでヤキモチをやくそうですよ。なんでも間に割って入るとか。

愛されてますね~マイケルパパ。嫁に行くとき大変だ(笑)

カフェのオーナーってほんと?

さて、リーチマイケル選手を検索すると「カフェ」がヒットしますね。このカフェ、実はご自分でお店を開いてしまったとか。2015年7月のことだそう。

お店の名前も「Cafe+64」と分かる人には分る国際電話の国番号+64を使っています。

お店のコンセプトはズバリ”ニュージーランド”。

行ったことがないので分かりませんが、もしかしたらニュージーランドに行けばごく当たり前にある雰囲気のお店なのかも?

自身もコーヒー好きなリーチマイケル選手。もちろん現役引退後のことも視野に入っているとは思いますが、

まずは自分が一番行きたいガフェを作りたかったのかもしれませんね。

 

Sponsored Links




リーチマイケル選手のプレースタイルは?

現在リーチマイケル選手のポジションはフランカーというFW8人の中の1つのポジションです。

フランカーがスクラム要員であり、攻撃の起点にも成りうるポジション。常に選手同士が密集する場所でのプレーを強いられますね。

だからこそリーチマイケル選手の

「倒されても何度でも立ち上がる」という不屈のプレー魂が役に立っていると思います。

まとめ

今回はラグビー日本代表キャプテンリーチマイケル選手を取り上げました。

ニュージーランドに生れ、縁あって日本で学び、日本人の女性に恋をして、今バリバリの日本人になっています。

日本人と日本の文化をこよなく愛し、感謝と恩返しの心を持ち続けるリーチマイケル選手は日本ラグビーの為にこれからも力を発揮してくれると思います。

応援していきたいですね。

以上

Sports News Delivery金太郎でした。

DAZNでいつでもどこでもスポーツ観戦しよう!!

\1ヶ月無料で楽しめる/

DAZNはサッカーやバスケ、野球など大人気なスポーツをいつでもどこでも楽しめちゃうサービス!お気に入りの選手の試合を好きなときにスマホやパソコン、テレビで楽しんでしまいましょう!

月額1750円(+税)のところなんと1ヶ月間無料お試しをすることができちゃいます!!まずは無料で試して好きな試合を好きなだけ見ちゃいましょう〜♪

\いつでも解約OK/