卓球選手

浜本由惟のモデル時代のかわいい画像は?オーストリアでの評判は?

こんにちは、金太郎です。

卓球の浜本由惟選手がオーストリアに国籍を変更し、五輪や世界選手権を目指すそうです!かわいいと評判の浜本由惟選手のモデル時代の画像はあるのか!?オーストリアでの評判も気になります!

浜本由惟のモデル時代画像はある?

浜本由惟選手は今でこそ卓球選手として有名ですが、子供の頃はモデルとしても活動されていたのです!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Manabu1971さん(@manabu1971)がシェアした投稿

アスリートでありながらこれだけ可愛いさ!モデル→女優(タレント)でも充分人気が出たでしょうね!

現在、女優の吹石一恵さんが所属している「舞夢プロ」という事務所に所属されていというので、かなり本格的にモデルのお仕事をされていたのかも。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Anda Hiroyukiさん(@hiroyuki.anda)がシェアした投稿


浜本由惟選手がモデルとして活動していた期間は2005年~2011年までの6年間なので、ちょうど小学生時代ですよ。

そこでモデル時代の画像が見たいと思いNET上を探しに探したのですが、残念!

見つけられませんでした(;^_^A

きっと可愛らしい女の子だったのは間違いないでしょうね!。

Sponsored Links




浜本由惟のプロフィール

では、浜本由惟選手のプロフィールをどうぞ!

名前:浜本由惟(はまもと・ゆい)

生年月日:1998年7月28日生まれ(20歳)

出身:大阪府大阪市

身長:175cm

体重:4?kg

足のサイズ:24.5cm

所属チーム:Tリーグ 木下アビエル神奈川

ニックネーム:卓球美少女

浜本選手は大阪生まれです。

小さいころはクラシックバレエを習っていたそうですが、5歳の時にバレエをやめて卓球を始めました。

小学校時代の卓球以外の情報はあまり無いのですが、学校生活とモデル活動、そして卓球の練習と忙しい毎日を送っていたと思われます。

もちろんその卓球の戦積はトップクラス。

2005年(小学1年生): 第9回少年・少女シングルス卓球大会小学4年生以下男女2部・優勝

2006年(小学2年生): 全日本卓球選手権大会女子バンビの部・優勝

2007年(小学3年生): 大阪国際招待卓球選手権大会(小学6年生以下の部)・出場

2008年(小学4年生): 大阪国際招待卓球選手権大会カブの部(女子の部)・準優勝

2009年(小学5年生): 全日本卓球選手権大会ホープスの部(女子の部)・優勝

2010年(小学6年生): 全日本卓球選手権大会カデットの部(女子13歳以下シングルス)・優勝

2011年(中学1年生): 全日本卓球選手権大会ジュニア(女子シングルスの部)・ベスト16

2013年(中学3年生): 全日本卓球選手権大会ジュニア(女子シングルスの部)・準優勝

と輝かしい戦績です。

また、小学5年生からはインターナショナルスクールにも通っていて、すでに英語と中国語をマスターし出していたとか。

その頃から世界で活躍されるのを見越して、語学を学んでいたのでしょうかね!?

中学校は東京都北区立稲付中学校へ進学されています。

詳細は分かりませんが、おそらくこの頃に東京に移り住んだのではないかと思われます。

「JOCエリートアカデミー」に在籍している中学生は、基本、この稲村中学校に通学することになっているのです。

「JOCエリートアカデミー」は各競技の将来有望な人材を集めて、競技に集中できるように、また効率よく学校へ通える環境を整えたのが「JOCエリートアカデミー」です。

もちろん、浜本由惟選手は「JOCエリートアカデミー」に在籍していましたよ!

高校は東京にある大原学園高校に進学されました。

この学校は通信制なので、より卓球に力を注げる環境になったのでしょうね。その証というわけではありませんが

2015年(17歳)の時にワールドツアーグランドファイナル(U-21)・準優勝

2016年(18歳)の時に全日本卓球選手権大会(ジュニアの部)・優勝

と、小学生の時から高校生まで常に世代のトップを走ってきたことが分かります。

そして同年の世界選手権で日本代表となり団体銀メダルに貢献しましたね!

その後は木下アビエル神奈川に所属しTリーグへ参戦。

プロの道を歩んでいます!!

Sponsored Links




浜本由惟はオーストリアの選手?

最近(2019年)の浜本由惟選手を検索していくとオーストリアという国名がよく出てきますが、どんな関係があるのでしょう?

浜本由惟選手は2019年5月から行われているプロツアーの

スロベニアオープン・・・ベスト16

クロアチアオープン・・・1回戦敗退(日本の小塩遥菜選手に負け)

中国オープン・・・・・・予選敗退

という3つのツアー大会をオーストリア卓球協会の代表選手として出場しています。

数年前からオーストリアの中国人コーチからオファーを受けていて、今回、それ(国籍変更)を受け入れたとお母さんの楊子さんが語っています。(ちなみにプロツアーは国籍変更不要とのこと)

国籍変更をされる理由をご本人はコメントされていないのですが

世界ランク上位に付けられる日本人選手が数多く出てきている中、このまま日本でプレーしていても世界大会(特にオリンピック)に出られる可能性は低いから

という見方が多いですね!

今後は本人の意志でオーストリアへの帰化申請を進めるようで、すでに浜本由惟選手選手は、拠点もオーストリアに移しているとのこと。

また、オーストリアのリンツにあるクラブチームにも所属していて、オーストリアリーグへの参戦も予定されています。


今後、帰化申請(期間も含め)が通ってオーストリア国籍を取得すると、浜本由惟選手は「外国籍選手」としての扱いになります。

オーストリア国籍の選手になるのです。

国籍を変更すると、全日本卓球選手権大会の出場資格は失うようですが、今まで通りTリーグや全日本社会人選手権、全日本クラブ選手権等には出場できます。

アスリートとしての目標は、誰しもオリンピックやそれと同等の国際試合だと思うのです。浜本由惟選手もまた、そうした大会に出場したいという思いが強く、国籍変更という結果になったのでしょう。

コーチ陣や同じアスリートの方たちは『そういう気持ちを持って当然だと思う。理解できるし応援したい』と言っていました。

日本国内の卓球女子のレベルは高く、代表選手に選出される確率は低くなります。

オーストリアならば、オリンピック出場も夢ではないのでしょう!ぜひ、頑張って欲しいと思います!

オーストリアの浜本由惟選手の誕生ですね。

Sponsored Links




オーストリアでの評判は?

2019年5月23日付でオーストリアへの移籍が認められ、名実ともにオーストリア所属の選手になったわけですが、まだ日が浅くオーストリア国内での評判は聞こえてきませんね。

もともと3か国語を操り、海外生活も(たぶん)苦にしない性格だと思うのでオーストリアの水に慣れるのにそう時間はかからないと思います。

地盤が固まり、落ち着いて卓球に向き合えれば、オーストリア国内ツアーでも上位に顔を出してくれるでしょう。

もともとこの美貌ですから、卓球の強さとあいまってヨーロッパでもすぐ人気者になるのではないでしょうか!?。

オーストリアでの評判が分かり次第追記したいと思います!!

そして日本の、石川佳純選手、伊藤美誠選手や平野美宇選手、そして何より先だって負けてしまった小塩遥菜選手にリベンジを果たしてもらいたいなと思います。

それが浜本由惟選手と日本の卓球のレベルアップに繋がるのではないでしょうか。

まとめ

モデルの経験もあり、卓球の世界でも日本代表になったこともある浜本由惟選手。

所属連盟問題ではガタガタしていたと思いますが、お母さんのキップのいい判断で新たなスタートがきれたとのではと思います。

いろいろ細かな既定があって2028年の世界大会(オリンピックなど)からでしか出場できないようですが、それまでしっかりと実力アップを図っていって欲しいと思います。

プロツアーや日本国内の試合にも出場できますしね。

そのついでにで構わないですが、是非モデルの仕事も再開して欲しいですねw。

「今」しかない自分をもっともっと発信していって欲しいとそう思います。

応援してますよ~。

以上

「Sports News Delivery」金太郎でした。

DAZNでいつでもどこでもスポーツ観戦しよう!!

\1ヶ月無料で楽しめる/

DAZNはサッカーやバスケ、野球など大人気なスポーツをいつでもどこでも楽しめちゃうサービス!お気に入りの選手の試合を好きなときにスマホやパソコン、テレビで楽しんでしまいましょう!

月額1750円(+税)のところなんと1ヶ月間無料お試しをすることができちゃいます!!まずは無料で試して好きな試合を好きなだけ見ちゃいましょう〜♪

\いつでも解約OK/