高校野球

センバツ高校野球の前売りチケットが売り切れでも大丈夫!

こんにちはみんなの応援団金太郎です。

いよいよ2019年3月23日(土)から

選抜高校野球大会が始まります。

新3年生になる全国の高校球児たちが

どんな白熱した試合を見せてくれるか

と~っても楽しみなのですが。

高校野球なのにチケット!?

甲子園高校野球高校球児

この季節と夏になるとニュースや特集で

いろいろと報道されますね。

ボクはスポーツ経験はありますが

野球は小さい頃や働き出してからの

草野球経験のみ。

あとはひたすら観戦ですかね。

もっぱらTVでの観戦が多いのですが

ごくたまに球場へも足を運びます。

そんな時ふと、

「あれ?高校野球なのにチケット?」

と思うことがあります。

プロ野球と違い

選手にギャラは発生しません

野球部ではあっても

球団ではありません。

高校生はみんな手弁当で野球を

やっています。

まあ、もちろん寄付金なんかが

あることはありますが・・。

観客からお金ってどうなの?

と思ったわけです。

そんな疑問への見事な答えがこちらです☟
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14147936219

分らなくはない・・という感じですかね。

あっ!という間に売り切れ?!

そんな疑問を持ちながらも

甲子園での

選抜高等学校野球大会の観戦には

入場チケットが必要です。

チケット概要は☟
https://www.xn--8wv97xz6xo7h.online/ticket-koshien-senbatsu

 

中央特別自由席 2500円(前回より500円アップ)

1、3塁側特別自由席

大人2000円(前回より500円アップ)

小人 800円(前回より200円アップ)4才から小学6年生まで

アルプス席 800円(前回より200円アップ)

出場校向けアルプス席 400円(据え置き)

無料外野席 無料

ちょっとお高い?


それぞれの席は☟でご確認下さい。
https://www.hanshin.co.jp/koshien/stadium_seat/

そんな甲子園での全国大会ですが

すでに3月30日(土)までの

指定席前売りチケットは

全て売り切れ!

だそうです。


とあるようにかなりの人気です。

やはり去年の

根尾くん(大阪桐蔭高校)や

吉田くん(金足農業高校)などのような

金の卵を探しにくるとか

地元の高校を応援にくる

高校野球ファンが多いってことですね。

確かに母校や近隣高校などが出場していれば

たとえ遠方からでも

駆け付けたい衝動に駆られる

郷土愛

をくすぐられます。

売り切れでも大丈夫?

そんな人気のセンバツ大会ですが

前売りチケットは売り切れ御免でも

観戦できないわけではありません。

まずは

当日券・・・開門と同時に発売されます。空いている席なら試合開始後でも大丈夫です。ただ見たい試合がみれるかは保障できませんが。

そして個人間でチケットの売り買いができる

チケットストリート https://ticket.st/artists/haru-koshien-tickets
少しお高くなってしまうかもしれませんが見たい試合が見つかるかも?

再販システム

高校野球では1日に3~4試合はあたりまえ。

よほどの高校野球野球好きでもないかぎり

1日中試合を見ているコアなファンは一握りです。

多くのファンや地元の応援吾団は

お目当ての試合が終わると帰ってしまう人も

多いとか。

必ずというわけではなさそうですが

そんな空いてしまった席が

その日のうちに売られるそうです。

当日券を買うついでに

窓口で確認してみましょう。

「いい席、空いてない?」

と。

平日はガラガラ?

報道されてのとおり

今年の春のセンバツ野球大会は

3月23日(土)から

4月3日(水)の決勝戦まで

12日間(休養日含む)で行われます。

ですが

試合の行われる11日の中で

土日は4日間のみ、残りの7日は

平日です。

とあるように

平日はまだまだ余裕があるのかも?

実際中継を見ても空席はチラホラ

確認できますから。

バックネット裏やダグアウト上などの

特等席でなければ当日でも

充分間に合うかもしれません。

まとめ

野球観戦・・・

大人になると

仕事帰りにビール片手にプロ野球

なんて図式が思い起されますが

高校野球は白昼の戦いです。

それに試合をしているのは高校生。

なかなかビール片手にというわけには

いかないかもしれません。

それだけに

純粋に野球を楽しもうとすると

案外

席はどこでもいいのだろうとも

思います。

無料の外野席からの全体像

応援と一体化できるアルプススタンド

選手の動きが一望できる内野席

など

野球というスポーツを楽しめる席は

各所にちりばめられています。

遠くからわざわざというのは

大変ですが

近くに住んでいたら

時にはフラっと

行ってみたいなあと思います。

以上

みんな頑張れ!の金太郎でした。

DAZNでいつでもどこでもスポーツ観戦しよう!!

\1ヶ月無料で楽しめる/

DAZNはサッカーやバスケ、野球など大人気なスポーツをいつでもどこでも楽しめちゃうサービス!お気に入りの選手の試合を好きなときにスマホやパソコン、テレビで楽しんでしまいましょう!

月額1750円(+税)のところなんと1ヶ月間無料お試しをすることができちゃいます!!まずは無料で試して好きな試合を好きなだけ見ちゃいましょう〜♪

\いつでも解約OK/