高校野球

山田陽翔(近江)の名前の読み方は?出身中学や身長・体重wiki風プロフィール

2022年選抜高校野球大会へ出場の近江高校の山田陽翔選手。投打にチームの精神的支柱として大活躍です。今夏の大会でも期待が高まりますね。もうかなりの有名選手ですが名前の読み方などいろいろ調べてみました。

山田陽翔の名前の読み方は?

山田陽翔選手の名前は「はると」読みます。

”陽”は太陽の陽。音読みで「よう」、訓読みでは「ひ」「ひなた」などと読むのでなかなか「はる」と読むのは難しですよね。

ですが、辞書の名のりにはしっかり「はる」がありますし漢字変換でもちゃんと変換候補に載っていました。

また、”翔”の字は「しょう」と読みやすいですが、訓読みでは「と(ぶ)」の読み方がありそれらの組み合わせで「はると」と読ませていますね。

きっと【太陽のように明るく、大きく羽ばたいて】いって欲しいという思いが込められているんだろうな、と思います。

そんな思いを胸に大きく育った山田陽翔選手、一体どんな選手なんでしょう?

山田陽翔のwiki風プロフィール

 

名前:山田 陽翔(やまだ はると)

生年月日:2004年度

出身地:滋賀県栗東市

身長:174cm

体重:75kg(80kgとの情報もアリ)

血液型:?

ポジション:投手・外野手も?

山田陽翔選手の生れ故郷は滋賀県栗東(りっとう)市です。

この栗東市というのは実は競馬ファンの間ではとても有名な場所なんですよね。

ちょっと脱線しますが、この栗東という場所にはJRA(日本中央競馬会)の栗東トレーニングセンターという施設があります。これは競馬を控えた競走馬達がレースに向けて調整やトレーニングをするところ。古くはあの、ディープインパクトもここでトレーニングしていたそうですよ。

山田陽翔の出身学校は?

山田陽翔選手が通っていた小学校は栗東市立治田西小学校。小学1年生の時から軟式野球を始めていたそうですよ。

きっかけはご家族(父親やお兄さん)とのボール遊び(キャッチボールなど)から野球への興味が湧きその道に進んでいったとのことですが、彼のプレーを見ていると山田陽翔選手はすでに野球をするべくして生まれてきた、そんな存在なのかなと思います。

そして、栗東市立栗東西中学校時代には大津瀬田ボーイズに所属。その頃には王者の風格?で中学1年生時と3年生時には日本代表として世界大会への出場経験があるそうです。

すでに、知る人ぞ知る、そんな選手だったんですね。

近江高校へ進学した理由

中学時代に滋賀県はおろかすでに全国区レベルの選手に成長していた山田陽翔選手。日本中の有力高校から引く手あまたで行先を迷ったのではないかと思ったのですが、どうしてどうして、選んだ先は地元滋賀県の近江高校でした。

その理由についてはっきりしたことは分かりませんでした。

ですが、考えてみればわざわざ遠くの学校に野球留学をするまでもなく地元の甲子園常連校へ行ければそれに越したことはありませんよね。

地元の学校であれば小さい頃からのチームメイトもいるでしょうし、他にも多くの仲間がいるはずです。

それにきっと家族が大好きで、遠くへ行く気がなかったのかも・・・しれませんよね。

山田陽翔の家族

山田陽翔選手のご家族については母親のことは分からなかったのですが、

父親の斉さんは、愛知県にある東邦高校野球部OBでその後、立命館大学に進学しているそうです。

また、3才上の兄、優太さんは大阪の名門大阪桐蔭高校で活躍された後、日本体育大学へ進学されているそうです。

その他にご兄弟がいるとの話はありませんでしたがまた、何か分かり次第追記していきたいと思います。

まとめ

「山田陽翔(近江)名前の読み方は?出身中学や身長・体重wiki風プロフィール」をまとめました。

チームの主将として鬼の形相で獅子奮迅の活躍を見せる山田陽翔選手。高校野球での活躍のみならず将来のプロ野球選手へと大きく羽ばたいていってくれるのではないでしょうか。

楽しみですね。

応援してますよー。

以上

Sports News Deliveryでした。

DAZNでいつでもどこでもスポーツ観戦しよう!!

\コマーシャルなしでスポーツ観戦/

DAZNはサッカーやバスケ、野球など大人気なスポーツをいつでもどこでも楽しめちゃうサービス!お気に入りの選手の試合を好きなときにスマホやパソコン、テレビで楽しんでしまいましょう!

\いつでも解約OK/