高校野球

選抜高校野球2020は無観客試合か中止?チケットの払い戻し方法はどうなる?

衝撃のニュースが飛び込んできましたね。新型肺炎禍にあってどこもかしこも人の集まるイベント等などが中止になる中、春の選抜高校野球が無観客で大会が行われる可能性が出てきました。11日に最終決定されるのは?

高野連「無観客試合」を前提に検討

全国各地でイベントというイベントを中止に追い込んでいるコロナウイルス騒動。

スポーツもその例外ではなく、訪れてくれる観客だけではなく、接触や同じ空間で長時間競技をする選手を感染から守るために試合そのものが中止や延期になったり

プロ野球のオープン戦のように観客を入れずに試合をする

 といった処置がとられているケースがあったりしていますね。

そこでプレーしている選手達だけの声だけの世界。

ちょっと新鮮かも(笑)

出場校側は概ね好感?

3月4日行われた高野連サイドの会見では、現在のところ

「中止の決定はしていない」

という主催者側の意向が発表されましたね。固唾をのんで見守っていた出場校の選手、関係者の皆さんからすれば

(ちょっとだけ)「一安心」

といったところでしょうか。やはりせっかく決まった全国大会への出場ですから「出たい」「出してあげたい」という気持ちはよく分かりますよね。

TVのニュースでも出場校側としては高野連の判断を好意的に伝えていましたね。

前売りチケットはどうなる?

さて、第92回選抜高校野球大会、なんとか行われるとしても観客は入れないということになりそう。

そうなるとすでに前売りのチケットを購入した方はどうなるのでしょう

先立って行われた東京マラソンは一般ランナーが走れないままエントリー費払い戻しされないという事態が起きましたね。

マラソンと野球は違うとはいえ主催者は開催費用がかかるもの。

観戦するためのチケットですから、見れないとなるとその費用は返ってきて当然だとは思うのですが・・・

と思っていたら、こんな情報がありました。

主催の毎日新聞HPにセンバツLIVE!というページがあります。

ここを見ると現在前売りチケットは販売中止になっていて、すでに購入されて方には後日詳細が発表されるとのこと。

買われた方は見てみて下さいね。

大会中止の判断はいつ?

今回の春の選抜大会は3月19日が初日、予備日や休息日を含めて13日間(3月31日決勝)の予定です。

そこで高野連は4日に「無観客試合」か「中止」かを決定するのではなく、「無観客試合」を前提に検討、という情報を出しました。

新型コロナウイルスの問題がこの先どのような動きを見せるのか、その傾向をまだ見極めたい、との思慮かと思います。

そして、1週間後の3月11日に最終的に「中止」を含む決定をするとのこと。

国の「蔓延するかの瀬戸際」発表から2週間を経ての発表ですから、どちらになったとしても結果は素直に受けとめなければならないですね。

ただ、「無観客」じゃない?

新型コロナウイルスの感染を防ぐために、観客を入れずに試合をする。

すでにプロ野球のオープン戦がその形態で実施されていますが、

高校野球の場合は「無観客」にするだけでなく、かなりの「縮小」が行われるようです。

組み合わせ抽選会の代理抽選、甲子園球場での事前練習や開会式をやらないなど大会をこれ以上削れないくらいスリムにして運営するようです。

おそらくベンチ入りの選手(マネージャー)、監督と審判団のみの球場で行われる甲子園大会。

ちょっと寂しい気もしますが、精一杯頑張って欲しいなと思います。

そして、もし時間が経って状況が許せば、開催途中でも当日券でお客さんを入れての試合もあるといいですよね。

ちょっと厳しいかな?

他競技とのバランスは?

多くのファンがいて、全試合TV放送があり、地域の代表としてのプレーが多くの感動を呼ぶ”高校野球”。

他競技の部活動と違いは確かに’ある’のかもしれません。

実際こんな投稿もありますし。

高野連が「無観客」の可能性を発表した3月4日の段階で、

この時期行われる他の競技大会はすでに「中止」を決定しているものがほとんどです。

「なぜ、高校野球だけ?」という疑問は確かに残りますが、何でもかんでも中止という風潮にも疑問はありますよね。

まとめ(それでも強行!?)

若年層は「重症化しない」というようなデータもある新型コロナウイルス肺炎ですが、

無症状患者が増えていけばいくほど高齢者へのリスクが高まるのは必然です。

野球以外の高校スポーツ全国大会がほとんど「中止」を選択する中、野球のみがたとえ「無観客」とは言え大会を実施すると賛否は残るでしょうね。

高野連が高体連とは別組織である、新聞社が協賛という主催者側についている、というような大人の事情がチラッと見え隠れしますが

プレーする高校生にとっては関係ない話。

どちらの決定になったとしても

将来に遺恨だけは残さないで欲しいですよね。

以上

Sports News Deliveryでした。

 

DAZNでいつでもどこでもスポーツ観戦しよう!!

\1ヶ月無料で楽しめる/

DAZNはサッカーやバスケ、野球など大人気なスポーツをいつでもどこでも楽しめちゃうサービス!お気に入りの選手の試合を好きなときにスマホやパソコン、テレビで楽しんでしまいましょう!

月額1750円(+税)のところなんと1ヶ月間無料お試しをすることができちゃいます!!まずは無料で試して好きな試合を好きなだけ見ちゃいましょう〜♪

\いつでも解約OK/