陸上競技

廣中璃梨佳(陸上)の中学や高校はどこ?可愛い画像や帽子の秘密や彼氏の存在は?【女子駅伝】

JP日本郵政グループに2019年に入社した廣中璃梨佳選手。女子陸上の世界でスーパールーキーとして期待されていますね。東京マラソンの出場権を獲得した鈴木亜由子選手からも将来への太鼓判を押されてますよ・・・

廣中璃梨佳選手のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

日本郵政株式会社(@japanposthd_official)がシェアした投稿

鍋島キャプテン(左)と。

名前:廣中璃梨佳(ひろなか りりか)

生年月日:2000年11月24日(19歳)

出身:長崎県大村市

身長:164cm(推定)

体重:48kg(推定)

血液型:調査中

種目:3000m 5000m 駅伝

所属:日本郵政グループ

廣中選手は長崎県の大村市立桜が丘中学校時代から本格的に陸上を始めています。

全国大会の800mで6位に入るなど中距離では長崎県内でもトップの成績を残していますね。

そして当時からある競技でとてつもない強さを発揮していたようですよ。

駅伝の申し子!?

その競技が、廣中選手を語る上で欠かせない「駅伝」です。

先ごろも誕生日(11月24日)の当日に行われた「クイーンズ駅伝」に日本郵政グループのメンバーとして出場していました。

この大会は実業団の女子駅伝なのですが、日本郵政グループは廣中選手が1区を走り、並み居る諸先輩たちをしり目に先頭で襷をつなぎ、その後全区間でトップを譲ることなく優勝しています。

いろいろある日本郵政ですが、久々に明るいニュースといった感じでしたね。

若干19歳の新人ランナーが、なぜここまでの快走が出来たのでしょうか。

おそらくその答えは高校時代にあるようですね。

がんばり抜いた高校時代

中学時代から全日本女子駅伝(正式名称:皇后杯全国都道府県対抗女子駅伝競走大会)に長崎県代表として出場していた廣中選手。

中学3年の時に3区で区間賞

高校時代は1年で4区、2年も4区(区間新)、3年の時は1区で毎年区間賞をとっていたという

駅伝では先般のクイーンズ駅伝も含めまだ、一度も誰にも抜かれたことがない!という驚異の記録を持っているのです。

また、全国高校女子駅伝では3年生の時に長崎県予選を勝ち抜いています。

実は廣中選手、中学からの成績で駅伝強豪校からは引く手あまただったようですが、諫早高校の独壇場だった長崎県で

「私の力で優勝させたい!」と

万年2位争いだった長崎商業高校へ進学するのです。そしてその言葉通りに3年時見事初優勝。ここでも1区を区間賞で走りぬいているのです。(総合で26位)

また、トラック競技でもインターハイで

1500mで7位、3000mで6位といずれも入賞を果たしています。

ほんと、走ることが大好きそうな感じですよね。

女子長距離のニューヒロイン

2019年の茨城国体の映像です。

成年女子の部での見事な優勝ですね。だんだん本格化してきました。

廣中選手、いずれは女子マラソン界への飛躍が期待されますが、それはまだ先。彼女の守備範囲はやはり3000-5000mでのスピード勝負でしょうか。

クイーンズ駅伝終了後、解説していた増田明美氏によれば、「東京オリンピックの5000mは大丈夫!」とのこと。

この言葉は大きいですね。メダルはまだまだ遠いかもしれませんが、是非とも決勝での走りを見てみたいですし、何より廣中選手に「世界」を思う存分味わってきて欲しいな、と思います。

お守り代わりの青い帽子

廣中選手のトレードマーク、「青い帽子」は中学時代からかぶっているそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

moogle21(@moogle21)がシェアした投稿

最初は「日の光や雨よけ」の帽子としての機能を求めてかぶり出したとのことですが、

今では帽子なしでは走りずらい(と思う)くらいいつもかぶっていますよね。

ご本人もおっしゃっているように「お守りかわり」になっているみたいですよ。

集団で走っている時、応援する側からすれば

どこにいるかすぐ分っていいですよね。

廣中璃梨佳選手の可愛い画像

 

この投稿をInstagramで見る

 

かえさん。(@k_7250)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

news23sports(@news23sports)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

みみ🍞駅伝おねえさん(@29mimi14)がシェアした投稿

 

彼氏はいるの?

さて、10代最後の年になってしまった廣中選手ですが・・

はてさて彼氏などの情報はあるのでしょうか?と思い少しばかり探してみましたが

どこにもそんな情報はありませんでした。やはり?駅伝を走る選手は彼氏との絆よりも仲間との襷を選ぶんでしょうかね~?(笑)

ともあれ、これからの1年はまさに大忙しでしょうし本番(東京オリンピック)出場に向けて邁進していって欲しいなと思います。

まとめ

中学・高校と駅伝界で活躍し続けてきた廣中選手ですが、これからは社会人としてトラック、ロードと頑張っていってくれると思います。

同じチームに東京オリンピックの女子マラソン内定の鈴木亜由子選手がいるのも何かの縁。近い将来マラソンへの期待も膨らんできますね。

彼女の走りを見ていると、長距離走なのに常に全力疾走しているのでは?と思ってしまいます。それでも、より高いところを目指せば目指すほどもっと速くはしらなければならない時もでてくるでしょう。

世界と戦うとはきっとそういうことなのかもしれませんね。

ともあれ、まずは東京オリンピックへの出場を目指して頑張っていって欲しいですね。

応援してますよー。

以上

Sports News Deliveryでした。

 

DAZNでいつでもどこでもスポーツ観戦しよう!!

\1ヶ月無料で楽しめる/

DAZNはサッカーやバスケ、野球など大人気なスポーツをいつでもどこでも楽しめちゃうサービス!お気に入りの選手の試合を好きなときにスマホやパソコン、テレビで楽しんでしまいましょう!

月額1750円(+税)のところなんと1ヶ月間無料お試しをすることができちゃいます!!まずは無料で試して好きな試合を好きなだけ見ちゃいましょう〜♪

\いつでも解約OK/