高校野球

奥川恭伸(星稜)出身中学はどこ?父親や兄もドラフト指名に期待?

数十年に一人の逸材?と言われている奥川恭伸投手。2019年のドラフトで佐々木朗希投手とともに注目を浴びることは間違いないところですね。最後の甲子園での活躍が今後の野球人生に大きな影響を与えそうですね。

奥川恭伸と田中将大

奥川恭伸選手のプロフィールに入る前に、今ネットで話題なのが

星稜高校の奥川恭伸投手。

 

この投稿をInstagramで見る

 

sato_chanさん(@pinkpikkachu)がシェアした投稿

奥川恭伸投手と、大リーグニューヨークヤンキースで活躍の田中将大投手が似ていると言うのです!

確かに試合中の表情は「あれ?どこかで見た事あるような」

と思う瞬間がチラホラ。

う~ん、確かによく似てますね。

こころなしか投げ方も似ていますよ!

奥川恭伸投手も田中将大選手と同じように大投手になって、大リーグ選手になる予感がしますね。

Sponsored Links




奥川恭伸投手のプロフィール

では、奥川恭伸投手のプロフィールをどうぞ。

名前:奥川恭伸(おくがわ やすのぶ)

生年月日:2001年4月16日生れ(18歳)

出身地:石川県かほく市

身長:183cm

体重:82kg

血液型:O型

ポジション:投手

背番号:1

野球を始めたのは?

奥川恭伸投手が野球を始めたのはかほく市立かほく小学校3年生のころからだそうです。そこで所属していたのは「宇ノ気ブルーサンダー」

4年生の時にバッテリーを組んだ山瀬慎之介選手とはその後高校まで一緒に野球をしているそうですね。

野球を始めたころから「投手」に「打者」に活躍していたそうですよ。

小学5年生の頃には当時大阪桐蔭高校の藤浪投手(現阪神)の投球に夢中になり甲子園大会の映像をパソコンでよく見返すほどだったそうです。

見ていた動画かは分かりませんが、やはり藤浪投手も凄かったんですね。

そして、小学6年生の時には県大会準優勝で北信越大会への出場経験もあります。

勝ったり負けたり、時には20点をとる試合もあったりと大味な試合もあったようですが

野球の楽しさを身体に染みこませるには十分な小学生時代だったのかもしれませんね。

中学はどこ?

そして、中学はかほく市立宇ノ気(うのけ)中学校に進みます。

多くの球児たちはリトルリーグからシニアリーグへと進みそこから硬式球の世界へ飛び出していきます。

ですが、奥川選手は中学校の軟式野球部へ入部します。

これは多分「宇ノ気ブルーサンダー」にシニアチームがなかったからだと思われます。(違ったらごめんなさい)

硬式と軟式では投げる感触も打つ感触もずいぶんと違うと思うのですが、でもそこは同じ野球です。

基礎と基本トレーニングをしっかり積めばその経験は無駄になることはないはず。

そして、奥川選手が中学3年生の時、見事「第38回全国中学校軟式野球大会」で優勝を飾るという金字塔を打ち立てていますね。

この経験はとてつもなく大きなものだったと思います。

星稜高校での奥川投手は?

宇ノ気中学を卒業後(山瀬選手ともども)2017年4月に石川県金沢市にある学校法人稲置学園星稜高等学校に進学します。

入学直後の1年春、北信越大会大会からベンチ入りしていたとのことですから入部早々から主力に近い存在だったわけです。

その年の秋季大会では主戦メンバー入りし、翌2018年(新)2年生の春の選抜大会でベスト8、夏の甲子園では2回戦まで駒を進めていますね。そして(日本中の)2年生としてはただ一人侍ジャパンU-18代表に選ばれアジア選手権で銅メダルに貢献しています。

そして2019年、春の選抜は習志野高校に惜しくも負けてしまいましたが、夏の大会はベスト4に進出しました。(8月18日現在)

その3回戦で智弁和歌山との(延長14回)戦いは今後も語り継がれるのではないでしょうか。

その後の戦績は後述します。

Sponsored Links




奥川恭伸投手の家族は?

奥川恭伸投手はご両親と兄との4人家族だそうです。

父親は野球が大好きなようで、恭伸投手が小さいころから練習や試合には極力応援に駆けつけていたそうですよ。

盟友のキャッチャー山瀬選手のお父さんとも長いお付き合いのようで、甲子園球場で揃って応援している姿が幾度となく見られているそうですね。

母親は若い頃バトミントンの選手だったそうで、小さい頃の恭伸くんとよくラケットを振っていたとのこと。今のしなやかな投球を可能にしているのはこのころの腕の振りが影響しているようですね。

ご本人も「肘から先の柔らかさは母の影響です。」とバトミントンがいい経験になったとおっしゃっていました。

お兄さんの情報はまったくと言っていいほど見つけられなかったので、何かしら分かったら追記したいと思います。

2019年ドラフトの目玉!?

2019年の夏の甲子園で大活躍の奥川恭伸投手。

最速154km(地方大会では158kmを記録したこともあり)のストレート、キレのあるスライダーにバッターからは魔球にも見えるかもしれないチェンジアップ。

それに何と言っても、どのバッターに対しても臆することのないマウンドあしらいはこの先もピッチャーとしてやっていく素質充分といったところですね。

すでに各球団のスカウト陣も「一番星確定!」の太鼓判を押していますよ。

以前雑誌の記事に

好きな球団は「楽天」、

好きな投手は「田中将大投手」とありました。

果たしてどの球団から指名されるのか今から楽しみですね。

ちなみに楽天・後関スカウト部長の奥川恭伸投手評は

「春先なのに言う事なし見ていて(投球に)引き込まれる魅力がある」

だそうです。

10月17日追記

2019年のドラフトが行われました。

指名球団はヤクルト、阪神、巨人の3球団。

交渉権は見事、最初に指名し、最初にくじを引いたヤクルトが引き当てました。

さて、すんなり入団となるのかな?注目ですね。

楽天は佐々木朗希選手を指名していました。

ん~相思相愛とはなりませんでした。

交渉権はロッテ。また、人気投手が千葉に、となりますかどうか。

2人の今後に注目していきたいと思います。

まとめ

今どき野球留学もあちこちで見られる中、

地元の小中学校で野球を続け、中学3年生の時には全国制覇も成し遂げた奥川恭伸投手。

高校も3年間で常に全国区でプレーしてきました。

最後の夏の甲子園でも奪三振23の記録をつくるなど大活躍です。ただ、投げすぎには十分留意して欲しいな、とも思います。

家族と共に歩んできた野球人生もまもなく終わりを迎え、新たなプロ野球人としての日々が訪れると思います。

どの球団に進んでいったとしても、持ち味のマウンド度胸で頑張っていって欲しいですよね。

応援しています。

以上

「Sports News Delivery」金太郎でした。

DAZNでいつでもどこでもスポーツ観戦しよう!!

\1ヶ月無料で楽しめる/

DAZNはサッカーやバスケ、野球など大人気なスポーツをいつでもどこでも楽しめちゃうサービス!お気に入りの選手の試合を好きなときにスマホやパソコン、テレビで楽しんでしまいましょう!

月額1750円(+税)のところなんと1ヶ月間無料お試しをすることができちゃいます!!まずは無料で試して好きな試合を好きなだけ見ちゃいましょう〜♪

\いつでも解約OK/