高校野球

徳丸天晴(智弁和歌山)の出身中学は?ドラフト会議で指名はある?

令和時代初の夏の甲子園大会が熱いです!今回は和歌山県代表の智弁和歌山高等学校の徳丸天晴選手を紹介します。打ってよし!投げてよし!走ってよし!三拍子揃った選手で全国大会出場へのけん引役となっていましたよ~。

徳丸天晴選手のプロフィール

徳丸天晴選手の名前がいいですよねっ!

名前:徳丸天晴(とくまる・てんせい)

生年月日:2003年9月4日生れ(15歳)執筆時

出身地:大阪府大阪市

身長:184cm

体重:79kg

ポジション:投手兼外野手

50m走:6″4

「あっぱれ!な男に」と天晴と名付けられた徳丸選手は、父親の影響で小学3年生から野球を始めたそうです。

学校のソフトボールチーム「成育連合子供会」ベースボールスクール「ポルテ」でプレーしながら野球の腕を磨いているのですね。

小学校6年生の時には「阪神タイガースジュニア」にも選ばれたことがあるほどの力をつけ、中学時代には「大坂東ボーイズ」で通算22本のホームランを記録するなど、すでにスラッガーとしての素質を開花させ始めています。

なんと!

当時はピッチャーもやっていたそうです。天晴!(あっぱれ)ですね。

その後は小学校時代に教わっことがある中谷仁監督を慕って、智弁和歌山への進学を決めています。

やはりいい指導者というのがどんなに大事か、その出会いが素晴らしいですよね。

そして徳丸天晴選手は進学してわずか2週間後の練習試合で、早くも4番に座り高校通算第1号のホームランを放っています。

入学して4月中旬なんて普通はまだ部活の勧誘している頃ですよね!?

さすがは強豪校、始動時期が違います。

きっと入学前から練習には参加してたのではないでしょうか。

Sponsored Links




徳丸天晴の出身校は?

成育小学校

徳丸天晴選手の通った小学校は、大阪市立成育(せいいく)小学校です。

大阪市城東区にあり、場所的にはコテコテの大阪って感じですね。

蒲生中学校

中学校は大阪市立蒲生(がもう)中学校。成育小学校とはお隣同士の学校です。

今年(2019年)の春まで在籍していた中学校です。

創立は1947年といいますから中学校の中でも古い方だと思います。(蒲生中学校に校名変更されたのは2年後の1949年)

校名の由来は「蒲生の古戦場」が近いことから。

そして2019年3月、蒲生中学校になって70回目の卒業式で徳丸天晴選手は巣立っていきました。

智辯和歌山高等学校の今!

徳丸選手が現在通う智弁和歌山高等学校は和歌山県にあり、小、中、高一貫校です。

1978年開校ですから今年で41年目の歴史がある高校です。

開校当時の目的は奈良県にある「先に開校していた智弁学園」に通う和歌山県の中学生のためだったとか。

今では各地から進学してくるほどの有名校で、東大京大合格者も輩出し、野球では甲子園出場もしている文武両道の格好ですなのです

一日一善
学力向上
挨拶励行
この3つが学校重点目標とのこと。
これだけ出来れば生きて行けます!というくらいの目標です。

開校当初から妥協のない生徒集めが功を奏し、今では有名進学校としての地位を確立していますね。

高校野球部は1979年の創部以降春夏合せて34回の出場歴をもつ古豪で、高校野球ファンなら知らない人はいないでしょう。

夏2回、春1回の優勝歴がある常連校ですね。

2019年、令和初の101回目の甲子園大会での活躍が期待されますね。

Sponsored Links




徳丸天晴の甲子園大会!

今年の甲子園は群雄割拠。

各地方大会で強豪校が敗れたりと、予想に反した学校が勝ち上がってきています。

こういう年はとにもかくにも”勢い”が大事ですね。

初戦を突破し打線にエンジンがかかり出せば、智弁和歌山高校も優勝候補として挙げられると思います。

そのためにも徳丸選手には4番として大暴れして欲しいとNETでも話題です!

まだ体の成長期の高校1年生。

ガタイはよくても中身はまだまだ子供かもしれません。

この時期の3年生とでは、心身ともに大きな差があるでしょう。

それでも監督、チームメイトが認めた4番ですから、自身をもって大会に臨んで欲しいですね!

Sponsored Links




徳丸天晴はドラフト候補選手?!

2019年のドラフトは大船渡高校の佐々木朗希選手で持ちきりになりそうです。

残念ながら甲子園出場という”夢”は叶いませんでしたが、岩手県大会準決勝は立派な勲章です。

以前は高校生のドラフト候補というと

「甲子園での活躍選手」・・・最多本塁打を打った、最速の投球をした、優勝投手、足が速い、ヒットを量産、大会優秀選手・・・

など多くのファンが「この子にはプロで活躍して欲しい」と思うような選手が多かったように思います。

地方大会で負けてしまうと、どうしても注目されないため、本人も回りも諦めてしまうような気さえしていました。

ところが、近年では

情報(SNSなども含め)が行き渡り、スカウトの行動も全国レベルでの「青田刈り」ぎみ

いい選手をいち早くキャッチし接触や交流を目指している傾向にあります。

そこで、本人も周囲の大人もプロへの意向があり、”逸材”と判断されれば、甲子園出場の経験がなくてもプロへの門は開くのかもしれませんね

徳丸天晴選手の野球人生はまだまだ序盤です。

高校1年生にして立派な体格。

3拍子の揃い方が半端ない野球センスは、この先どんな野球を見せてくれるかとても楽しみです。

今年を含め3回の甲子園出場を目指しつつ、そして甲子園や全日本メンバーとして大暴れしてもらって、2年後のドラフト会議で上位指名を期待したいですね。

まとめ

1年生ながらチームの4番を任され、「打って」「走れる」スラッガーとしての期待が高まる徳丸天晴選手。

将来どのような道が待っているかは分かりませんが、国内であろうが大リーグでろうがプロの世界で活躍してくれるのではないかと思います。

そのためにも野球人として大きく成長し、また高校生としても大いに学び、楽しんでいって欲しいと思います。

2度とない青春時代ですからね。

この夏の大会で活躍できれば全日本選抜も夢ではありません。早いうちから世界に飛び出しスケールの大きな選手に育ってほしいですね。

頑張れー、応援しています。

以上

「Sports News Delivery」金太郎でした。

DAZNでいつでもどこでもスポーツ観戦しよう!!

\1ヶ月無料で楽しめる/

DAZNはサッカーやバスケ、野球など大人気なスポーツをいつでもどこでも楽しめちゃうサービス!お気に入りの選手の試合を好きなときにスマホやパソコン、テレビで楽しんでしまいましょう!

月額1750円(+税)のところなんと1ヶ月間無料お試しをすることができちゃいます!!まずは無料で試して好きな試合を好きなだけ見ちゃいましょう〜♪

\いつでも解約OK/